遠笛

左官−挾土秀平のブログ
サクラの名前



ひとりでいて
話し相手も約束もなくて、

この今を
ぼんやりして


ころがっている石や
足元に生えている草や
空と雲の形を・・・

名もないものを
ただ眺めて過ぎてゆく。
続きを読む >>
| 最近のこと〜                   職人社秀平組(独立後の自分) | 10:40 | - | - |
和歌山、太地町で思ったこと



日本再発見塾とは

日本各地に根付いた文化、伝統、歴史に触れ、(再発見)をしながら
地域が、もっと元気になることをめざした活動で、

文化を中心とする
    様々な分野のトップランナー(呼びかけ人)と地元が
              その魅力を改めて見出そうとする試みである。

続きを読む >>
| 最近のこと〜                   職人社秀平組(独立後の自分) | 15:15 | - | - |
失われた国土 2




地元で農業を営んでいる老人から、
なんども叱られている。



老人が怒っているのは、

樹林の中に蛍を自生させたいと作った、
水深15センチ程の湿地帯から

老人の敷地である斜面に、
湿地の水が湧き出ていて
草刈りをする時、

足元がぬかるんでころぶから
水を止めろと言うのである。
続きを読む >>
| 最近のこと〜                   職人社秀平組(独立後の自分) | 14:25 | - | - |
春と草庵と命の裏表



久しぶりに、
小林さんとゆっくり話す時間を過ごした。


最近の師は、日ごと世捨て人のように


世の中をサバサバと眺めて、
呆れる感情のほとばしりを
            楽しむように笑っている。



続きを読む >>
| 最近のこと〜                   職人社秀平組(独立後の自分) | 15:17 | - | - |

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ