遠笛

左官−挾土秀平のブログ
江戸萬・浪漫



今年の春、【ひりつく色】という本を出版した。

その中に

《江戸屋萬蔵・伝説》 (桃色)
《江戸屋萬蔵・14年の空白》 (哀色)
《江戸屋萬蔵・浪漫》 (ハガネ色)

と題して3つの想いを書いた。


150年前、飛騨に現れた天才左官の
波乱万丈の最期は、
駆け落ちを追いかけ返り討ちにあって斬殺されるという

芝居のようなドラマチックな展開で、人生の幕を閉じた。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今の自分は、
この萬蔵の造った土蔵修復から始まったと言っても過言ではない。

その後、
膨らむ萬蔵への想いはあっても
調べる手掛かりも、感じる手立てもなくなって

自分の中で
俺と萬蔵の交信を綴り
この本を持って完結とした。


この本のレビューに、このようなものがあった。

【春の日差し、そして翳り】
江戸屋萬蔵の数奇な人生、一編の推理小説のように
スリリングでした。


この本の
萬蔵と俺との関わりを読んでくれた人達に
このブログ【遠笛】から、
萬蔵を 知ってくれている人達に伝えたい。


今日、まさかの三たび、
萬蔵と巡り会った!

思いがけず
俺の前に、萬蔵の方から現れたのである。


150年の時間と150年の土。

興奮している!

この事については
いずれ詳しく書くつもりだ。

[江戸屋萬蔵]

俺の萬蔵浪漫は、終わっていなかった!!

俺は、まだ萬蔵と繋がっていたのだ。










| 最近のこと〜                   職人社秀平組(独立後の自分) | 15:53 | - | - |

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ