遠笛

左官−挾土秀平のブログ
デザイン



デザインとは、
ある対象を意匠すること。


そう言いだすと、
なんだか難しくなるけれど


誰でも自然に、
みんながしているデザイン。

生活の中に、
ある目的の中に、

そして自分の場合は、
あの人の為に、というのが
一番大きな動機となっている。


あの人っぽいこととはなにか、想いをめぐらす。

あの人に似合うだろうなあ〜という模様を考える。
それをひとつの起点として広がってゆく色合いや空間。


自分っぽいことを見せたり

ある模様から、
まったく違う自分を伝えることができた時には、
次なる独自性が膨らんだりする。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



これまで様々仕事をしてきて思うのは、

壁だけを考えるのではなくて、
照明も同時に考えたいということ。

外壁だけを作るのではなく
その家からつづく石組や植物を合わせて考えたい事、
あるいは壁からつづく通路までを、
ひとつの空間として拡大してみたい。


そうしてゆくことで

一見、別々なものが繋がり合って、
次元の違う世界が生まれると思うのだ。



いま世の中が、
ますます分業化によって効率を優先している中で

我々のような小さな集団は
その逆、複業化する

自分達の技能・職能の
前後左右の職能と重複して

そんな中のひとつに
自然な流れを持って
デザインも含んでゆきたいと思っている。





職人社秀平組の正式なマーク
漢字の【 土 】という字を折りたたんだもの
挾土の土であり、土壁の土である









作家・坂東眞砂子さんの著書【 くちぬい 】題字制作
くちぬいというのは、口を縫うという意味らしい



















キリン焼酎【 白水 】の文字制作















コナラの葉っぱとどんぐりの銀細工の引手







女優 深田恭子さんの、眉と眼をイメージした【 夜 】






いつか詩集を出したらこのタイトルにしようと思った
鉛筆文字








職人社秀平組のもうひとつのマーク
ひらがなの【 ど 】である











灰といばら、そんな言葉を思いついてできた壁


















| 最近のこと〜                   職人社秀平組(独立後の自分) | 15:30 | - | - |

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ